マッシュルームの豆知識

知っていれば、もっとマッシュルームが身近な存在に。使いこなし方やちょっとした「技」を、お教えいたします。

「マッシュルームの賞味期限は?」「長持ちする保存方法は」普段何気なく食べているマッシュルームですが、まだまだ一般には知られていないことも意外と多いもの。マッシュルームについてミツクラに寄せられるご質問をまとめました。

マッシュルームのかさの裏が黒くなったけど食べられるの?

はい、食べられます。
マッシュルームは収穫後も成長しています。足(軸)の部分は日数経過比例し伸びてきます。
またかさの開きも同じく大きくなり、ヒダの色は淡灰色から暗褐色へ変化していきます。これらはマッシュルームの特性で、加熱処理をして食べれば問題ございません。

※常温で保存した場合の例です。

マッシュルームは、どうやって保存したらいいの?

無洗のまま冷蔵庫で保存してください。
出来れば2~5℃位がベストです。

マッシュルームの賞味期限は何日くらいなの?

2~5℃の冷蔵温度帯での保存であれば、1週間位は大丈夫です。
マッシュルームの劣化は温度管理等で違ってきます。

マッシュルームの軸は食べることが出来るの?

はい、軸まで食べられます。

マッシュルームは、生で食べれるの?

はい、新鮮なマッシュルームは生食が可能です。
保存状態によりますが、収穫後、3~4日位は大丈夫です。
適正な保存方法で保存し、お早めにお召し上がりください。

マッシュルームを料理するときに気をつけることは?

きのこは独特の菌糸体でできています。
水洗いすると、菌糸の隙間に水分が入り風味や食感がやや損なわれる傾向にあります。
ピートモス(覆土)という黒い土のようなものが付いている場合は、料理の直前に洗ってご使用ください。

マッシュルームを美味しく食べるにはどう調理したらいいの?

色々な調理法で、美味しくお召上がりいただけます。
ミツクラHPの『味わいレシピ』をご覧ください。
マッシュルームのアヒージョマッシュルームのアヒージョ
マッシュルームのフライマッシュルームのフライ

マッシュルームは体にいいの?

マッシュルームの中には、ビタミンB・D、ミネラル、カリュウム等が豊富に含まれています。
また低カロリーでダイエット効果も期待できそう。
旨み成分「グアニル酸」がシイタケの数倍含まれており、調味料としても最適です。

ホワイトとブラウンマッシュルームの違いは?

菌の種類が違います。
ホワイト種は、まろやかで上品なやわらかい味。
ブラウン種は、香りがあり、きのこの風味がホワイト種に比べて濃いです。

マッシュルームに土のような黒いものが付いていることがありますが大丈夫?

これはマッシュルームの栽培時に用いる原料のピートモスといわれる菌床表面に使うものです。
布巾などで拭き取ってください。

ミツクラのマッシュルームはどのように生産されているの?

ミツクラでは消費者の方に安全で安心してマッシュルームをおいしく食べていただけるようにと考え、 より質の高いマッシュルーム生産のために全ての工程をを自社で行っています。

マッシュルームは冷凍保存できるの?

はい、生のまま冷凍保存が可能です。
調理しやすい大きさにカットし、冷凍してください。細胞が壊れ、旨み成分が増すことにより、薫りが豊かになります。冷凍マッシュルームに向いている料理は、煮込みやスープです。ソースなど細かく刻んで使うお料理にもオススメです。
ただし、歯ごたえは落ちますので、食感を楽しみたい用途には冷凍せずにお使いください。

新鮮なマッシュルームの選び方は?

傘が開いていないもの、触ったときにしっかりしているものが、新鮮なマッシュルームです。色が悪くなっているものや、水分がにじんで柔らかくなっているものは鮮度が落ちている状態なので、固くしまりのあるものを選んでください。