会社概要 - Company Profile

瀬戸内市・牛窓の、恵まれた自然の中で。ずっと。妥協のないマッシュルームづくりを、地元に根差しながら。

日本じゅうの食卓へ、おいしいマッシュルームをお届けするために。そして、食していただく皆さまに、最高の食の喜びと時間をお届けするために。創業以来約40年、まっすぐに、マッシュルームづくりに取り組んでいます。

ミツクラについて

ミツクラ農林は、日本を代表するマッシュルーム生産者として、堆肥づくりから栽培・出荷までを、すべて自社一貫で行っています。

立ち上げ初期の農場の風景。この当時はまだ、数えるほどの栽培ハウスしかありませんでした。

昔の手摘み収穫の様子。この作業の姿は、今でもほとんど変わっていません。

創業のきっかけ

1963年頃。三蔵農林創業者・片岡進(現・会長)は、アメリカでの農業研修旅行中に、当時日本ではまだ馴染みがなかった食材「フレッシュ(生)マッシュルーム」に出会いました。日本の食文化に洋食がどんどん浸透していくことを見越した進は、帰国後に一大決心。当初、オリーブ栽培の技術指導者として訪れた瀬戸内町にて、マッシュルームの栽培・生産に着手したのです。

当時は、栽培方法は日本ではまったく未知の領域。もちろん、設備や機械も揃っているはずがありません。マッシュルームを育てる堆肥の製造にはじまり、植菌、栽培…。すべてが手探りの中、手伝ってくれる地元の人とともに、日夜悪戦苦闘する日々が続きました。しかし、その努力は実ります。周期的な栽培を可能にした、ミツクラならではのノウハウを確立。1974年、300坪の大規模な農場を開設し、当時盛んだった缶詰加工用にマッシュルームを出荷し始めました。これが、ミツクラ創業の原点です。

初期のパッケージの写真。トレイにパックするスタイルは多くの生産者も追随、現在に続きます。

オランダから招聘した栽培技術者と会食。世界水準のノウハウを、一生懸命吸収していました。

日に日に増していく注文数に応えるべく、この時代、毎日が出荷のピークの連続。

伸びる需要に恵まれて

創業当初は、生のマッシュルームはまだまだ珍しい存在。出荷先も、ホテルや外食といった業務用需要向けが中心でした。しかし、進の予感の通り、食の需要は大きく洋風化が進展。一般のスーパーでも、フレッシュマッシュルームが生鮮品として徐々に扱われるようになり、出荷量は一気に拡大していきます。これをチャンスと捉えた進と息子の信之(現・代表取締役)は、農場を「三蔵農林」として法人化し、80年代半ば、他社に先駆けてフレッシュマッシュルームの生産出荷を強化していきます。マッシュルームは生産管理が難しく、収穫量を増やすには、いくつものハードルがあります。

多くのマッシュルーム生産者がこの生産量の不足に頭を悩ませる中、ミツクラは、マッシュルームの本場・ヨーロッパ製の生産設備を導入したり、外国人技術者を招聘しノウハウの習得に努めるなど、地道な努力を積み重ねました。生産力を拡大し、ニーズに応え確実に供給していくミツクラの姿勢は、市場関係者などに「マッシュルームといえば、岡山・牛窓のミツクラ」という評判を呼び、それがまた受注に繋がる好循環へ。こうしてミツクラは、いつしか気づけばマッシュルーム出荷量日本No.1の立場を確立したのです。

現在の、ミツクラ農林・平山農場。山田農場と合わせ、年2,000tの出荷量を誇る規模に。

設備の近代化は進んでも、ていねいに育てるマッシュルームへの想いは、ずっと変わりません。

創業約40年、品質をこれからも。

ちょっと前であれば、フレンチブーム、イタリアンブーム。そして最近はバル(洋風居酒屋)ブームに後押しされ、マッシュルームを食べる機会とその楽しみ方のスタイルは、昔では考えられないほど増えました。それと同時に、お客様がマッシュルームについて、品質・鮮度、そして安全に求めるレベルも、どんどん高まる一方です。
ミツクラは創業当初からの、はじめの堆肥製造から最後の出荷まで、すべて自社で一貫して行う体制で、マッシュルーム本来のおいしさと、確かな品質を、これからも守り続けていきます。

ここ、牛 窓の風土とともに。牛窓の人とともに。日々、マッシュルーム作りに熱い情熱を。ミツクラのマッシュルームを、これからも、どうぞご愛顧いただければ幸いです。

プロフィール

社名
有限会社 三蔵農林
設立
昭和58年9月
代表者
代表取締役:片岡 信之
従業員数
従業員数:380名(正社員133名 パート247名)
年商
20億
総出荷量
2,500t
※生産可能量 3,000t(市場の需要に合わせて調整)
事業所
〒701-4303 岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍3481
TEL
0869-34-2212
FAX
0869-34-5850
取引先
東京青果、大阪中央青果、名古屋青果、神戸青果、
広島中央青果、福岡大同青果 他
URL
http://www.mitukura-nourin.com

沿革

1974(昭和49年)創業 岡山市下阿知で水田300坪を借り入れ、栽培開始

1983(昭和58年)有限会社 三蔵農林設立

1985(昭和60年)フランスからマッシュルーム栽培の最先端設備導入/ 栽培ハウス12棟

1990(平成2年)業務拡張のため移転 栽培ハウス20棟

1995(平成7年)オランダ製堆肥発酵室増設

1999(平成11年)栽培ハウス6棟増設

2006(平成18年)堆肥舎と機械舎をイギリスの最新設備にリニューアル

2009(平成20年)山田農場設営 栽培ハウス4棟

2008(平成21年)山田農場 栽培ハウス5棟増設

2013(平成25年)平山農場 2棟  山田農場 2棟 栽培ハウス増設

今までも、そしてこれからも。ミツクラは安心して食べていただけるおいしいマッシュルームを作りつづけます。

このページのトップへ